【2018年】めっちゃ弾まない卓球のラケットを探してみた【シェークハンド編】

【2018年】めっちゃ弾まない卓球のラケットを探してみた【シェークハンド編】

こんばんは、卓球愛好家のもとぽんです。

 

カタログに記載されている性能表を元にして、

弾むシェークハンドラケットを紹介する記事を、

過去に書かせていただきました。(下記参照)

 

 

この記事が人気を博しているので、

今回はその逆、【めっちゃ弾まない】シェークハンドラケットを紹介させて頂きます。

需要があるのかは謎ですが…、

カットマンの選手には参考になるのではないかなと感じています。

 

今回も、

という記事に記載しているデータを元に、

各メーカー・ブランド毎に一番弾まないシェークハンドラケットを探して、

メーカー・ブランドごとに分けて紹介していきます。

(実際に試打をした訳ではないので、その点はご了承ください。)

 

Butterfly(バタフライ)

ラケットの比較特性(2017年)【Butterfly公式サイトより】

インナーシールドレイヤーZLF


「ボールをつかむ感覚」が特長であるインナーファイバー仕様のラケット。しなやかさと軽さが特徴のZLファイバーを搭載しており、カットに切れ味と安定感をもたらします。

バタフライのカットマンラケットと言えば、「朱世赫」が有名だが、2018年に惜しまれつつ廃盤になってしまった。そこで、「インナーシールドレイヤーZLF」に注目が集まってきた。朱世赫よりも弾みが抑えられている分、ボールの威力を吸収しやすい。鉄壁のディフェンスを目指すなら、「インナーシールドレイヤーZLF」で決まりだ。

Nittaku(ニッタク)

(2017年)【Nittaku公式サイトより】

エンドレス

 弾みを抑えた低反発ラケット、優れたカットの安定性を実現。

ニッタクで一番弾まないシェークハンドラケットと言えば、「エンドレス」だろう。このラケット、全然弾まない。初心者でも安易に扱えるだろう。その分、カットの安定感は抜群なので、極端に弾まないラケットをお探しの方は、購入してみても良いだろう。価格は安価なのでお求めやすい。

Yasaka(ヤサカ)

シェークハンド・中国式ペンホルダー特性(2017年)【Yasaka公式サイトより】

スウェーデン(SW)ディフェンシブ


中心材にはオールラウンドタイプの北欧材を使用し、表面を軟らかくする事で安定度の高い攻守を実現。

ヤサカの「スウェーデンディフェンシブ」は、攻撃と安定したカットを両立させたラケットである。最近の卓球は、カット一辺倒では勝ちづらくなってきている。攻撃とカットを使い分けることが、現代卓球でカットマンが生き残る最善策である。攻撃とカットを両立させたい方にオススメ。

TSP(ティーエスピー)

(2017年)【TSP公式サイトより】

ブラックバルサ3.0


 板厚を薄くすることによりしなりのある打球感で安定したカットプレーを実現。粘り強さを武器とするカットマンに最適な1本。

TSPの一番弾まないラケットは「ブラックバルサ3.0」である。ブラックバルサシリーズの特徴は、物凄く軽量だと言うことだ。この「ブラックバルサ3.0」の重量は、脅威の62g±。同社のスワットが85g±なので、とんでもなく軽量なのがわかって頂けるだろう。軽量ラケットから繰り出されるカットは、相手を困惑させる。軽量で弾まないラケットをお探しの方は、「ブラックバルサ3.0」が最適だろう。

STIGA(スティガ)

(2017年英語版)【STIGA公式サイトより】

ディフェンシブウッドNCT


 コントロール性重視の本格カット用ラケット。外板から硬さをミドル、ソフト、ミドルという組み合わせで構成し、コントロール性を重視したラケット。

スティガの「ディフェンシブウッドNCT」は、コントロール性重視のカット用ラケットである。スティガのシェークハンドラケットの中で、一番弾まない位置付けになっている。木材合板ラケットに定評のあるスティガなので、非常に丁寧に作られている。コントロールを重視したカットマンに、オススメしたい一本だ。

DONIC(ドニック)

(2017年英語版)【DONIC公式サイトより】

デフプレイクラシックセンゾー


『デフプレイ クラシック センゾー』はどんな鋭いドライブでも完璧にカット出来るよう、弾みを抑えている為、ゆっくりと、信じられないような回転量の重いボールを送り続けることが可能です。また、デフプレイシリーズ特有の軽量、振り抜き易さ、そしてセンゾー V3システムによる衝撃吸収は『デフプレイ クラシック センゾー』でも健在です。

ドニックで一番弾まないシェークハンドラケットは「デフプレイクラシックセンゾー」だ。守備用のラケットである。カットマンに愛用者が多く非常に人気がある。弾みを抑えているので、相手の攻撃を返球しやすい。ドニック独自のセンゾーシステムによって、衝撃吸収力も高くなっている。

Joola(ヨーラ)

(2017年英語版)【Joola公式サイトより】

チェンディフェンダー

陳衛星モデルの大ヒットを受け、ヨーラ契約選手の陳衛星が開発に携わり、ブレードサイズを大きく取り、安定した守備を武器にするカット選手の為に開発したラケットです。

ヨーラで一番弾まないシェークハンドラケットは「チェンディフェンダー」だ。世界でも屈指のカットマンだった陳衛星選手が、開発に携わって完成したラケットである。ブレードサイズが大きめなので、守備重視のカットマンにオススメしたい一本だ。


以上、

各メーカー毎に最も弾まないシェークハンドラケットを紹介させて頂きました。

 

当然といえば当然ですが、

今回ご紹介した7本のラケットは、全てカットマン用のラケットでしたね。

カットマンの方やこれからカットマンに挑戦してみたいと考えてる方は、

この記事を参考にして頂けると幸いです。

 

以上です。

ありがとうございました。

 


卓球ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ

↑いつも応援(クリック)して頂きありがとうございます。