【2018年】めっちゃ弾む卓球のラケットを探してみた【シェークハンド編】

【2018年】めっちゃ弾む卓球のラケットを探してみた【シェークハンド編】

こんにちは、卓球愛好家のもとぽんです。

 

「もう少し弾むラケットが欲しい」

「中陣からでもガンガン攻めたい」

「ラリーの引き合いに強くなりたい」

 

と思ったことはありませんか?

特に男性の方は一度は考えたことがあると思います。

そこで今回は、

先日書かせて頂いた

という記事に記載しているデータを元に、

各メーカー・ブランド毎に一番弾むシェークハンドラケットを探してみました。

 

メーカー・ブランドごとに分けて紹介していきます。

(実際に試打をした訳ではないので、その点はご了承ください。)

尚、めっちゃ弾むペンホルダーをお探しの方はこちらの記事をどうぞ!

 

※ラージボール用のラケットは除外しておりますので、ご注意ください。

Butterfly(バタフライ)

ラケットの比較特性(2017年)【Butterfly公式サイトより】

ガレイディア T5000

打球の速さを重視したカーボン搭載モデル。高い反発弾性を誇るカーボンと厚みのあるブレードが威力のある打球を引き出します。打球の速さを重視する選手をサポートします。

バタフライ最速のシェークハンドラケットと言えば、ガレイディアT5000だろう。他を寄せ付けない反発特性を持つ。TAMCA5000という軽量で高反発なカーボンを編み上げて作ったラケットだ。バタフライのラケットは高反発に優れているので、全卓球メーカーの中で最も弾むラケットという声も多く聞かれる。真のぶっとびラケットを扱ってみたい方には、ぜひ挑戦してみてほしい。きっと驚かれるはずだ。

 

Nittaku(ニッタク)

(2017年)【Nittaku公式サイトより】

フェミニスト

ケブラーカーボンとススーパーコアを組み合わせた、よく弾むラケットです。ドライブ、スマッシュに威力を発揮します。

ラージボール用のラケットを除くと、フェミニストがニッタク最速のシェークハンドラケットになる。ニッタクの特殊素材の中でもトップクラスのスピード性能を持つケブラーカーボンを編み込んでおり、非常に弾む仕様になっている。スイートスポットも広く設計されており、コントロール性能の向上に一役買っている。残念なことに、2017年の冬に惜しまれつつ生産中止となった。興味のある方は今のうちに購入することをオススメする。

 

Yasaka(ヤサカ)

シェークハンド・中国式ペンホルダー特性(2017年)【Yasaka公式サイトより】

ギャラクシャカーボンスペシャル

ギャラクシャカーボンをベースにしながら硬質な特殊表面材を搭載し、更なるパワーアップを実現しました。台から離れた時でもパワフルな攻撃を可能にします。 超攻撃的ラケットの秘密は、木材7枚 + カーボン2枚という超攻撃的な合板構成に、硬質な特殊表面材を搭載しました。特殊表面材とやや外側にあるカーボンの相乗効果により広いスウィートスポットと高い反発力を両立しました。

ヤサカ最速のシェークハンドラケットといえば、ギャラクシャカーボンスペシャルだろう。カタログのスピード値は11+、打球感はハードと記載されている。見た目からして相当弾みそうな感じが伝わってくる。そして、重い。ラケット重量が95gもある。子供、女性、非力な男性にはオススメできないが、パワーに自信のある方には最高の相棒になってくれるだろう。

 

TSP(ティーエスピー)

(2017年)【TSP公式サイトより】

カンピオーネ

中芯に反発力の強い3mmの桐材を使用し、上板の内側にも同じく反発力の強いアラミドカーボンを使った超攻撃的ラケット。ボールの威力を重視し、ラリー戦でも打ち勝ちたい選手にオススメです。

TSP最速のシェークハンドラケットといえば、カンピオーネだろう。TSPの中では群を抜いてスピード値が高い。アラミドカーボンを織り込んでいるので、弾みの割に打球感が少しマイルドになっている。ややハードといったところか。デザインもシンプルで格好いい。2017年の冬に生産中止が決定したので、興味のある方は今のうちに購入することを

 

STIGA(スティガ)

(2017年英語版)【STIGA公式サイトより】

カーボネード245

1㎡あたり約200g のカーボン素材を45度の角度で編み込んだカーボンを搭載。カーボネード45シリーズでは一番弧線を描きながら弾むラケット。

2017年に発売された、カーボネード245。カーボネード45シリーズの最新作だ。カタログでのスピード指数は152、コントロール指数は40となっている。下記のカーボネード290と並んでスティガ最速のシェークハンドラケットだ。ラケット重量は95gとかなり重いが、パワーに自信のある方は是非挑戦してほしい。異次元の弾みを体感できるはずだ。

カーボネード290

1㎡あたり約200g のカーボン素材を90度の角度で編み込んだカーボンを搭載。カーボネード90シリーズでは一番直線的に弾むラケット。

2017年に発売された、カーボネード290。カーボネード90シリーズの最新作だ。カタログでのスピード指数は152、コントロール指数は40となっている。上記のカーボネード245と並んでスティガ最速のシェークハンドラケットだ。カーボネード245よりも直線的に弾むとのことだが、そのぶっとび方はバタフライのガレイディアT5000に匹敵するとも言われている。スピードドライブを連続して打ちたい方にオススメしたい一本だ。

 

DONIC(ドニック)

(2017年英語版)【DONIC公式サイトより】

オフチャロフ カーボスピード

『ワルドナーレジェンドカーボン』よりも、板厚を増してさらなる攻撃力を求めたブレード、それが『オフチャロフ カーボスピード』です。このDONIC最速のブレードは、止まらぬ攻撃力で最後まで相手を圧倒します。表材には特選檜を使用している為、最速ながらしっかりとした打球感も兼ね備えています。

上記の製品説明にも記載されているが、ドニック最速のシェークハンドラケットといえば、オフチャロフカーボスピードだろう。カタログのスピード値は10++となっており、他のドニックラケットを圧倒している。特筆すべきは、その重量と価格だろう。重量は85gなので女性や子供にも扱いやすく、価格も10000円以下なので、ぶっとびラケットにしてはリーズナブルである。

 

Joola(ヨーラ)

(2017年英語版)【Joola公式サイトより】

ケイセブン

ヨーラの定番Kシリーズの最新作は木材5枚+カーボンネット2枚を芯材近くに搭載し、弾みと打球感のバランスを程よく仕上げたラケットです。

ヨーラのカタログにはスピード値が明確に記載されていないので、一番弾むラケットが判別できない。なので、スピード値がExtreme(超速)となっている中から、ケイセブンというシェークハンドラケットを選出した。カーボンネット2枚の他にエンゾという接着紙を4枚使用し、打球感を調整しているとのこと。実際に打球していないので詳細は不明だが、インナーカーボンの仕様から察するに他のメーカーのぶっとびラケットよりは弾まないだろう。

 


以上、8本のシェークハンドラケットを紹介させて頂きました。

いずれのラケットも甲乙つけがたいですね。

個人的にオススメするのは、

バタフライのガレイディアT5000

スティガのカーボスピード290

ドニックのオフチャロフカーボスピード

の3本です。

脅威のスピードを体感できるはず!

ぶっとびラケットに挑戦したいという方は参考にしてください。

 


卓球ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ

↑いつも応援(クリック)して頂きありがとうございます。