卓球用品のメーカー・ブランド一覧【2018年版】

卓球用品のメーカー・ブランド一覧【2018年版】

こんにちは、卓球愛好家のもとぽんです。

用具選びの参考になるように、卓球のメーカー・ブランドをまとめてみました。

メーカーのバナーやURLをクリックすると、各メーカーのHPへと移動します。

 

→関連記事

卓球ラケットの性能表をまとめてみた(2017年版)

卓球のラバー性能表をまとめてみた(2017年版)

 

Butterfly(バタフライ)

バタフライ卓球用品トップページhttps://www.butterfly.co.jp/

世界有数の卓球用品メーカー、株式会社タマスが展開している卓球用品総合ブランドである。1950年、混合ダブルス全日本チャンピオンの田舛彦介(たますひこすけ)氏が山口県に設立。1956年に山口県から東京都へと本社を移転し、本社にラバー加工工場を建築する。1967年、高弾性ラバーの「スレイバー」を発売、後にベストセラーになる。1993年にアリレート・カーボンを搭載したラケット「ビスカリア」を発売、ロンドンオリンピック男子シングルス金メダリストの張継科(中国)が使うラケットとして有名で、廃盤になった現在でもオークションなどで高値で取引されている。1997年、世界初のハイテンション・ラバー「ブライス」を発売し、世界中で大ヒットを記録。さらに2008年にはテナジー・シリーズ第一弾の「テナジー・05」が発売され、瞬く間に世界中のトッププレイヤーに支持される。

主な契約選手(2017年現在)

【日本男子】水谷隼、吉村真晴、張本智和、松平健太、岸川聖也、大矢英俊、酒井明日翔、吉田雅己、吉田海偉、高木和卓、岡紀彦、吉田信一、坪井勇磨、及川瑞基、三部航平、東勇渡、松山祐季、宇田幸矢、松島輝空、戸上隼輔

【日本女子】加藤美優、浜本由惟、鈴木李茄、長崎美柚、張本美和、谷岡あゆか、別所キミヱ

【海外男子】張継科、ティモ・ボル、黄鎮廷、フレイタス、ピッチフォード、李尚洙、K.カールソン、荘智淵

【海外女子】鄭怡静、ユ・モンユ、帖雅娜、サマラ、リ・ジャオ

Nittaku(ニッタク)

http://www.nittaku.com/

世界有数の卓球用品メーカー、日本卓球株式会社が展開している卓球用品総合ブランドである。設立は1947年。国内ではButterflyと同等の人気を得ており、Butterfly派かNittaku派かで論争になることも。高品質・高性能の製品は国内のみならず、海外でも非常に人気がある。Nittakuの看板商品といえば、スピン系テンションラバーの「ファスタークG1」だ。ロンドンオリンピック女子団体銀メダリストの石川佳純やリオデジャネイロオリンピック女子団体銅メダリストの伊藤美誠、世界選手権デュッセルドルフ大会男子ダブルス銀メダリストの森薗政崇といったトッププレイヤー達が使用していることで有名だ。2010年に発売されてから常に一定の売上を記録し、ロングセラーとなっている。また、中国の紅双喜社と業務を提携しているので、粘着ラバーのパイオニア、「キョウヒョウ」シリーズを簡単に購入できることも嬉しい。ちなみに、卓球ボールの品質の高さも業界では有名で、世界大会などで頻繁に公式球として使用されている。

主な契約選手(2017年現在)

【日本男子】森薗政崇、木造勇人、田添健汰、上村慶哉、加山裕、高見真己、時吉佑一

【日本女子】石川佳純、伊藤美誠、早田ひな、石垣優香、森薗美月、田代早紀、阿部愛莉、森田 彩音、佐藤 瞳、橋本帆乃香、塩見真希

【海外男子】馬龍

【海外女子】丁寧、李 暁霞、李依真、鄭先知

Yasaka(ヤサカ)

https://www.yasakajp.com/

東京都墨田区に本社を置く、1947年設立の卓球用品メーカーである。研究開発に熱心なメーカーで、革新的な製品を何度も作り上げてきた。1951年に発売された世界初の裏ソフトラバーである「オリジナル」と、その18年後の1969年に発売された、高弾性高摩擦裏ソフトラバーの「マークV」はその代表作といえるだろう。特に「マークV」は、50年近く経つ現在でも安定して売れているから驚きだ。年配の方の使用率が高いのは勿論のこと、近年では初心者ご用達のラバーとして定着しつつあるようだ。中・上級者にはハイブリッドエナジー型ラバーの「RAKZA(ラクザ)」が人気である。グリップ力抜群のトップシートとハードなスポンジの相性が抜群で、ドライブ主戦型の選手に好まれて使用されている。

主な契約選手(2017年現在)

【日本男子】神 巧也

【日本女子】笹尾明日香、加藤結有子

【海外男子】馬琳、梁靖崑、マティアス・カールソン

VICTAS(ヴィクタス)、TSP(ティーエスピー)

Djvas6ouqaezpo2https://www.victas.com/ja_jp/

https://www.victas.com/ja_jp/tsp

東京都港区と大阪府大阪市の二か所に本社を置く、1959年設立の卓球用品メーカーである。2017年にヤマト卓球株式会社から株式会社VICTASへと社名を変更した。近年の勢いは凄まじく、丹羽孝希や吉村和弘、松平賢二などのトッププレイヤーらと契約を締結したばかりか、2017年には韓国ナショナルチームのオフィシャルサプライヤーとなり、男女代表選手のウェアを提供することになった。VICTASが展開するブランドとして、高品質・プロ仕様の「VICTAS」と一般消費者向けの「TSP」がある。一般消費者向けといっても、TSPのド定番ラケット「SWAT(スワット)」や表ソフトラバーの「スペクトル」、「スピンピップス」はプロでも使用されるほど性能が高い。現在は、日本初のプロ卓球選手の松下浩二が取締役会長を務めている。

主な契約選手(2017年現在)

【日本男子】丹羽孝希、村松雄斗、吉村和弘、松平賢二、緒方遼太郎、出雲卓斗、田中佑汰、岩井田駿斗、村上力

【日本女子】若宮三紗子、松澤茉里奈、前田美優、天野優、村上富貴、阿部恵

【海外男子】ベネディクト・デューダ

【海外女子】武楊、セオ・ヒョウオン、ハン・イン

STIGA(スティガ)

http://stigasports.jp/

スウェーデンに本社を置く、世界的な卓球用品メーカーである。1944年に卓球用品の生産を開始してから現在まで、高性能・高品質の製品を作り続けている。特に木材合板のラケットには定評があり、STIGAといえば木材合板ラケットだ、という方も少なくない。近年では、「みうみま」の「みう」の愛称で有名な平野美宇が、STIGAの木材合板ラケット「クリッパーウッド」を使用して、全日本卓球選手権大会を史上最年少の16歳9ヶ月で優勝したことも記憶に新しい。最近では、カーボン素材を取り入れたラケットの開発にも力を入れており、カーボンを搭載した「カーボネード」シリーズは非常に人気の製品となっている。現在、中国ナショナルチームやスウェーデンナショナルチームと契約を締結している。

主な契約選手(2017年現在)

【日本男子】井上全悠、山本駿太、神郡元希

【日本女子】平野美宇、香取位圭、鹿目海右、香取悠珠子、上澤杏音、佐久間芽生、山本妃紗、中村しずな、平野早矢香(コーチ)

【海外男子】樊振東、許昕、モアガド・トルルス

【海外女子】朱雨玲

DONIC(ドニック)

http://www.donic.jp/

ドイツのフェルクリンゲンに本社を置く、世界的な卓球用品メーカーである。1978年に元ブンデスリーガの選手である、ゲオルク・ニクラスによって設立。耐久性、機能性などに優れた高品質の製品が魅力で、世界80カ国以上で使用されている。その中でも、とりわけ「DONICセンゾーシステム(下記参照)」内蔵のラケットは非常に高い人気も持つ。バルセロナオリンピック男子シングルス金メダリストのヤン=オベ・ワルドナーや世界選手権千葉大会男子シングルス優勝のヨルゲン・パーソン、ロンドンオリンピック男子シングルス銅メダリストのドミトリー・オフチャロフといった新旧のトッププレイヤー達と契約を締結している。

DONIC SENSO SYSTEM (ドニック センゾー システム)
ヨーロッパの選手は、”フィーリング” を 大切にします。そのフィーリング、打球時の 反応に対して、最も敏感な箇所は人間の手、 特に中指と小指の付け根部分にあるのです。 私たちはこの箇所をセンゾーポイントと呼 んでいますが、「打球感が良い」というのは このセンゾーポイントで判断されるのです。DONIC開発部はこの医学知識をセンゾー システムに応用しました。度重なる試算、 実験によって正確に計算された空洞を通じ、 ボールがブレードに接触した時点から、先述 のセンゾーポイントへ最適な打球感を導く 事に成功したのです

主な契約選手(2017年現在)

【日本男子】金光宏暢、鈴木颯、吉田海斗

【日本女子】相馬夢乃

【海外男子】ヤン=オベ・ワルドナーヨルゲン・パーソンドミトリ・オフチャロフー、パトリック・バウム、ヤカブ・ディアス、周雨

andro(アンドロ)

ドイツのクールな卓球用品総合ブランド、アンドロの日本専用ウェブサイトです。http://www.andro.jp/

ドイツのドルトムントに本社を置く卓球用品メーカーで、ヨーロッパを中心に製品を供給している。そのため、契約選手の大半をヨーロッパの選手が占めている。高品質な製品を作っており、徹底的にこだわった素材を職人が丹精込めて作り上げる木材合板の最高峰「和の極みシリーズ」や、androユーザーのド定番裏ソフトラバー「ラザント」を廃盤にしてまで作った、「ラザンター」などが人気を博している。そのほか、迷彩柄や花柄といった革新的なデザインを取り入れたユニフォームも、ファッショナブルな層に非常に人気がある。

主な契約選手(2017年現在)

【日本男子】濱川明史、鈴木伸幸、宮内 良

【海外男子】ステファン・ウェシュ、キリアン・オート、ダミエン・エロワ、トーベン・ヴォージック、アダム・シューディー、トーマス・コネッチニー、イヴァン・スルファーロ

【海外女子】ザビーネ・ウィンター、メリッサ・タッパー、ナディーン・ボルマイヤー

JUIC(ジュウイック)

http://www.juic.co.jp/

埼玉県新座市に本社を置く、1970年設立の卓球用品メーカーである。高品質の製品は評価が高く、フランス出身のデザイナー、レティシア・ロンバルドがデザインしたお洒落なユニフォームも非常に人気だ。1988年ソウルオリンピック男子ダブルス金メダリストの偉関晴光がコーチを務めるJUIC卓球クリニックは、全国各地で指導を行っており、後進の育成にも尽力している。

主な契約選手(2017年現在) 不明

Cornilleau(コニヨール)

http://www.juic.co.jp/shopbrand/ct183/

フランスのBonneuil-les-Eauxに本社を置く、1946年設立の卓球用品メーカー。1993年世界選手権ヨーデボリ大会男子シングルス優勝のジャン=フィリップ・ガシアンがプロダクトマネージャーを務めている。国内ではあまり聞きなれないメーカーだが、フランスでは抜群の知名度を誇る。逆チキータで有名な、2013年フランスチャンピオンのシモン・ゴズィや2016年ラテンアメリカ選手権優勝のウーゴ・カルデラノなど、才能豊かな若手選手と契約を締結している。2017年に両選手のプロモデルラケット「シモン・ゴズィ クエストOFF」と「ウーゴ・カルデラノ フォコOFF」が発売され、注目を浴びている。国内では、JUICが代理店となって製品を販売している。

主な契約選手(2017年現在)

【海外男子】シモン・ゴズィ、ウーゴ・カルデラノ

Joola(ヨーラ)

Joola Japanhttp://joola-japan.co.jp/

ドイツのジーベルディンゲンに本社を置く、1952年設立の卓球用品総合メーカー。中・上級者から愛好家まで幅広いユーザー向けの製品を展開・販売している。研究・開発に力を入れており、近年では、テンション系粘着ラバーの「ゴールデンタンゴ」や、平均重量71~72gという軽量だがカーボンを搭載しているラケット「エアーカーボン」などを発売して注目を浴びた。とりわけ、ゴールデンタンゴはその性能の良さから、粘着ラバーの革命になるのではないかと期待されている。また、JOOLAはラージボールの用具にも定評があり、香坂亮志や大榎憲司などのトッププレイヤーらと契約を締結している。

主な契約選手(2017年現在)

【日本男子】香坂亮志、大榎憲司、永福敏行、丸山明彦、石田拳志郎

【海外男子】クアドリ・アルナ、カマル・アチャンタ、陳衛星、ハベソーン

【海外女子】ペトリッサ・ゾルヤ、エルデリー・アナマリア

XIOM(エクシオン)

https://www.victas.com/ja_jp/xiom

韓国の卓球用品ブランドである。VICTASと国内代理店契約を締結している。高性能で低価格、コストパフォーマンスに優れた裏ソフトラバーの「ヴェガ」シリーズが非常に人気だ。「ヴェガ」はラインナップも豊富で、初心者用の「イントロ」や「エリート」、前陣速攻型用の「ヨーロッパ」「アジア」、ドライブ主戦型の「プロ」や「ジャパン」、カットマン用の「チャイナ」などがある。また、パッケージのデザインも秀逸で、XIOMといえば革新的なデザイン、とまで言われるほどだ。

主な契約選手(2017年現在) 不明

DARKER(ダーカー)

http://www.darker.co.jp/

東京都新宿区早稲田鶴巻町に本社を置く、卓球用品メーカーである。高品質のラケットがユーザーに支持されており、檜単板で作られているペンラケット、「スピード」シリーズは現在でも根強い人気がある。数年前までは檜単板のシェークラケット「檜単板シェーク90」や「檜単板」などを作っていたのだが、惜しくも廃盤になってしまったようだ。近年では、2016年に発売されたイザナスカーボン搭載のシェークラケット「リベルタシナジー」が大ヒットしたのが記憶に新しい。

主な契約選手(2017年現在) 不明

TIBHAR(ティバー)

http://www.tibhar.jp/

ドイツのザールブリュッケンに本社を置く、卓球用品メーカー。日本での知名度はあまり高くはないが、裏ソフトラバーの「エボリューション」シリーズや粒高ラバーの「Grass D.TecS(グラスディーテックス)」はコアなファンから絶大な支持を集めている。元世界ランキング1位のブラディミル・サムソノフ(ベラルーシ)と選手契約をしていることで有名。

主な契約選手(2017年現在)

【海外男子】サムソノフ、陳建安、ドリンコール、トキッチ、ルベッソン

【海外女子】リ・チャン、ジルバーアイゼン、スッチ

Armstrong(アームストロング)

http://armstrong.tokyo.jp/

1946年、東京都荒川区に設立された卓球用品メーカー。「ユーザーのニーズに沿ったものづくりを極める」という信念のもと、用具の開発に日々邁進している。国産ラケット、ラバーのパイオニアであり、アジアやヨーロッパにも製品を輸出している。「愛ちゃん」の愛称で有名な、ロンドンオリンピック女子団体銀メダリストの福原愛が、Armstrongの表ソフトラバー「アタック8」を使用していることは有名である。

主な契約選手(2017年現在) 不明

Avalox(アバロックス)

アバロックスジャパン(日本卓球協会公認用具指定業者)https://avalox.shop-pro.jp/

オーストラリアのアデレードに本社を置く、卓球用品メーカーである。世界選手権にて過去に数々のタイトルを選手や国にもたらした。人気のある製品だけを重点的に製造することで、コストを抑えて低価格を実現している。5枚合板ラケットの「アバロックスP500」や7枚合板ラケットの「アバロックスP700」は名作と言われており、現在でもファンが多い。2017年にアバロックス正規代理店のアバロックス・ジャパンが誕生したことにより、以前よりも簡単に手に入るようになった。

主な契約選手(2017年現在) 不明

Killerspin(キラースピン)

Brandhttp://www.killerspin.jp/

アメリカはイリノイ州シカゴに本社を置く、日本ではあまり馴染みのない卓球用品メーカーである。他人と用具で被りたくない場合は、Killerspinの製品を使ってみよう。きっと驚かれるはずだ。

主な契約選手(2017年現在) 不明

MIZUNO(ミズノ)

http://www.mizuno.jp/tabletennis/

1901年創業。正式名称は美津濃株式会社。東京と大阪に本社を置く、大手総合スポーツ用品メーカーである。2006年、卓球用品部門に参入し、ラケットやラバーの生産・販売を開始した。福原愛や平野美宇、伊藤美誠など、国内のトッププレイヤー達とブランドアドバイザリー契約を締結してる。2017年の世界選手権デュッセルドルフ大会、契約選手の大島祐哉が、MIZUNOの7枚合板ラケット「フォルティウスFT」を武器に男子ダブルス銀メダリストを獲得したことは記憶に新しい。

主なブランドアンバサダー(2017年現在)

【日本男子】大島祐哉

【日本女子】福原愛、平野美宇、伊藤美誠、森園美咲、森さくら、牛嶋星羅、平真由香、平侑里香

ASICS(アシックス)

ASICS Logohttp://www.asics.com/jp/ja-jp/tabletennis

兵庫県神戸市に本社を置く、1977年設立の大手総合スポーツ用品メーカーである。卓球部門では主にシューズとユニフォームを販売している。2013年、ロンドンオリンピック女子団体銀メダリストの石川佳純とアドバイザリー契約を締結した。

主な契約選手(2017年現在)

【日本女子】石川佳純、四元奈生美



卓球ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ

↑いつも応援(クリック)して頂き、ありがとうございます。