【ヤサカ(Yasaka)】新製品リリース情報【2018年春】

【ヤサカ(Yasaka)】新製品リリース情報【2018年春】

こんばんは、もとぽんです。

寒い冬が終わり、いよいよ春本番ですね~

春になると、各卓球メーカーから新製品がリリースされますよね♪

そこで今回は、私が気になった新製品をご紹介していきます。

今回は【ヤサカ(Yasaka)】を取り上げますので、どうぞお付き合いください。

 

 

※本記事の画像、引用部分は全てヤサカ公式サイトよりお借りしています。

尚、画像を選択すると拡大します。

 

『リーンフォース シリーズ』

様々なカーボンを中芯材のすぐ横に挟み込む事によって、木材のコントロール性能を持ちながらも特殊素材の反発力を加えた。プレイヤーの打球に威力と安定性を与える「リーンフォース」シリーズ

ヤサカ渾身のインナーカーボンラケット「リーンフォースシリーズ」が満を持して登場した。ラインナップは四種類あり、自分のレベルに合わせて選択することができる(詳細は下記参照)。メーカー価格は9000円(税抜)とのことで、カーボンラケットにしては非常にお求めやすくなっている点も魅力だ。

「リーンフォースLT」

LTはフリースカーボンを採用する事により、カーボンラケットでも軽量で硬すぎない打球感になっています。威力と扱いやすさを兼ね備えたバランスの取れたラケットです。

「リーンフォースSI」

SIは中芯材を薄くしてカーボンの位置をより中心に寄せる事により、軽打時には木材ラケットのような球持ちと使い易さを、強打時にはカーボンのパワーを発揮する事が出来ます。

「リーンフォースAC」

ACは高い反発力と柔らかい打球感を持つアラミドカーボンを搭載。安定性を保ちつつも威力のあるボールを打つことが出来る高性能ラケット。

「リーンフォースHC」

HCは硬質なUDカーボンを搭載する事により、早い球離れでシリーズ最速を誇ります。より打球のスピードを求める選手に最適。

 

〇重量  HC=AC>SI>LT  ※HCとACが重い

〇スピード指数(弾み)  HC>AC>LT>SI  ※HCが一番弾む

 

 

『ライガン』

天然ゴムを主体としたトップシートが安定したスピンを作り出し、抜群の食い込みと弾力を持つ新感覚「RIGAN スポンジ」との相乗効果により理想的な放物線を描きます。極めて高いパワー伝導率を誇り、打球時のエネルギーを正確に伝える事ができます。グリップ力の高いトップシートにテンションスポンジを組み合わせる「ハイブリッドエナジー」を搭載しつつも、柔らかめのシートやスポンジを採用する事でより扱いやすくなりました。しっかりとボールを掴みながら回転をかける事が出来るため、どんなボールに対しても安心して打球する事が出来ます。

初・中級者向けの裏ソフトラバー、「ライガン」が販売開始になった。ハイブリッドエナジー搭載のラバーだが、価格は3700円(税抜)と非常に良心的である。マークVからのステップアップにオススメしたい一品だ。

 

『卓球ロボットY-M-03』

ダブルヘッドにより上回転と下回転を組み合わせて出せる高性能マシン! 自動停止機能搭載(時間 / 球数)

ハイパフォーマンスの卓球マシンが販売開始される。その名も、「卓球ロボットY-M-03」。配球の設定が可能で、下回転と上回転を組み合わせることもできる。さらに、回転量の調整やランダムでの配球も可能となっている、高性能の卓球マシンだ。配球や回転量などは付属のリモコン(有線式)を使って簡単に設定できる。価格は295000円(税抜)とかなり高額だが、練習の質を大幅に向上させたい方にオススメしたい一品だ。

 

『にゃんこシューズ袋3』

大人気のにゃんこシューズ袋に新作が登場だ。思わずニヤっとしちゃうイラストは今回も健在なので、癒しを求める方にオススメしたい。

 


以上、4点の新製品を紹介させて頂きました。

個人的に最も気になるのは、

最初に紹介した『リーンフォースAC』ですね!

アラミドカーボン搭載とのことで、

どのような打球感や弾みに仕上がっているのか気になるところです。

 

それから、『卓球ロボットY-M-03』も密かに気になってます。

高級な卓球マシンで一度多球練習をしてみたいものです(笑)

 

それでは、この辺で失礼いたします。

お付き合い頂きありがとうございました。

【TSP・XIOM(エクシオン)】新製品リリース情報【2018年春夏】

【ニッタク(Nittaku)】新製品リリース情報【2018年春】

【アンドロ(andro)】新製品リリース情報【2018年春夏】

 


卓球ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ

↑いつも応援(クリック)して頂き、ありがとうございます。